◆ご縁花project◆

縁結びの神様出雲大社⛩

出雲で生まれた和紙でご縁を包んだお花🌼

全国一の縁結び神社として知られる出雲大社。

その出雲で生まれた出雲民藝紙(人間国宝)で、記念年の五円玉(ご縁)を包み花となりました。

『洋紙百年、和紙千年』と謂われるように、和紙の耐久性から『末永く』という言葉が連想され、ご縁花の八角形の形状からは『安定』『末広がり』の縁起の良い言葉が連想される作品です。

ご縁花は、故安部栄四郎(人間国宝)の孫である安部信一郎氏の全面的な協力の元企画制作されました。

 

ご縁花は、内部に五円貨幣(ご縁)を結ぶ形で包み、花を咲かせます。

使用するのは記念年の五円玉プルーフ貨幣です。

ご縁花を収める器について『ご縁花の花器』に伝統工芸品を使用致します。

 

ご縁花主宰 奈良 龍彦